HOME物件探しの前にみんな気になる住宅ローン

物件探しの前にみんな気になる住宅ローン

各業界の常識は、意外とお客様に届かないものです。

特に、不動産建築業界は、長年その業界に関わっている人が多いため、専門用語が多く、 お客様が知っているつもりで話が進んでいってしまうことが多いのが現実です。
その中でも、お客様が知らないのに、業者の中では常識で、
かつ、お客様には説明 されないけれど、大事なことを挙げてみました。

利息が高くなるから、住宅ローンは短めに組んだ方が良い。

金融機関が貸してくれれば、それが安全な支払額なのでしょうか?
毎月の預貯金が出来ていないのに、現在の毎月の住宅費をはるかに超える住宅ローンを組もうとする方がいらっしゃいます。そのままだと、当然、住宅ローンの支払いが始まると、支払いが出来なくなり大変なことになります。
また住宅ローンは、金融機関により、貸してくれる金額が異なりますし、大手メーカーは、お客様の借入可能金額の上限を目指して営業します。

住宅ローンの毎月の支払額は、住宅ローンを支払う全期間(もちろん年金生活をする時期も含めて)を検証して初めて決まるものであり、その家計により、安全に組んでも良い金額は異なります。

結論
住宅ローンで金融機関が貸出してくれる上限でローンは組むべきではない。住宅ローンを支払っている全期間のライフプランシュミレーションをしたうえで決めるべきだ。

住宅ローンにボーナス返済は組むべきか

『アパートの賃料並みの支払いでお家が手に入ります』という広告を目にしますが、よくよく見てみると、ボーナス払い併用だったりします。
また、最近、生活が苦しくなったという話を伺いますが、それは、ボーナスがカットされているからです。

初めからボーナスをあてにせず、毎月の収入内でやりくりすべきです。
アパート代をボーナス併用で支払っている話しは聞いたことがないですよね。

結論
住宅ローンでは、ボーナス返済を組むべきでない。

ローンの借入をする金融機関はどこでも良い

住宅ローンは、申込者の年収・職種・年齢・考え方等により金融機関との相性があり、一概にどこの商品が良いとはいえません。

例えば、公務員優遇制度がある金融機関もありますし、会員優遇制度がある金融機関もあります。女性に優遇している金融機関もあります。
また、お客様によっては、長期間住宅ローンを組んだ方が良い方もいれば、短期間の方が良い方もいらっしゃいます。

住宅ローンは、申込時の組み方により、400万円以上の支払利息が異なる場合もありますので、最も注意が必要です。

結論
住宅ローンの金融機関を選ぶには、金融機関との相性を見るべきだ。

住宅購入にはなるべく自己資金を使うべきだ

『住宅を購入しようとするときに、自己資金が300万円あったとします。
果たして、自己資金を全額投入してしまうことに不安は無いでしょうか?
誰しも、手元にお金がないと不安を感じるものです。

不意の出費、急病、災害、失業と人生には常に危険が付き物です。
万一の場合に備えて、半年分の生活費は手元に残しておきたいものです。

結論
住宅購入には、なるべく自己資金を使うべきでない。

住宅購入後の固定資産税はたいして高くない

現在の木造新築住宅の固定資産税評価(住宅購入後の各種税金の元になる数字)は、坪当たり30万円ほどになっています。
固定資産税は地域によって異なりますが(1.4%~2.1%)
弘前市の場合、1.6%ですので、坪当たり4,800円、都市計画税0.2%を合わせると、5,400円にもなります。
建物が30坪であれば、162,000円、建物が40坪であれば216,000円になります。

この建物の固定資産税金額に、土地の固定資産税(通常は2~3万円)を足すことになります。 当初3年間(鉄骨の場合は5年間)は建物固定資産税が半分になりますが、決して固定資産税は安くはありません。
住宅の予算を考える場合は、住宅ローンだけでなく、固定資産税や毎月の維持費まで合わせて考える必要があります。

結論
住宅購入後の固定資産税は結構高いので、面積を考慮する必要がある。

住宅ローンは頭金がないと通らない。

住宅ローンを組むときに、頭金がいると考える方が多いようです。
昔はそうでしたが、現在は、諸経費まで含めて貸してくれる金融機関が増えました。
自己資金がなくても、住宅ローンは通せるのです。

結論
住宅ローンは頭金がなくても通せる。

利息が高くなるから、住宅ローンは短めに組んだ方が良い。

住宅ローンを組むときに、なるべく、自己資金を使い、期間を短くして利息を少なくしようとする方がいらっしゃいます。
住宅ローンは一度短く組むと、期間を延ばすのは容易ではありません。

逆に、長く組んでおいで、余裕があるときに多めに返済するのが賢い考え方です。
実際に、住宅ローンを長く組んでいなかったために、住宅ローンの返済ができなくなり、家を手放すことになる方がたくさんいます。

結論
住宅ローンは余裕をもって長めに組むべきだ。

住宅購入時に生命保険の見直しは必要ない

ライフプランシュミレーションをしてみると、毎月の生命保険料の支払いが多いだけでなく、10年後ごとに保険料が上がるようになっており、生命保険が本当に必要な老後に生命保険料を支払えなくなる方が多いです。

住宅ローンを組むと、それ自体が生命保険になっているため、生命保険の見直しをする必要があります。
生命保険料の1家族で加入する目安は、死亡保障含めて1万5千円以内です。
もちろん、退職時までには生命保険料の支払いは終了し、保障は終身残るようにします。 毎月の生命保険料が減り、老後の生命保険料の支払がなくなることで、ゆとりを持って生活できるようになります。

また、収入のある方でも、退職後に生命保険料が支払えなくなって全て解約してしまう方がたくさんいらっしゃいます。
ちなみに、65歳未満では、生命保険会社は集めた保険料の20%程度しか支払っていません。生命保険とは主に老後に使われるものなのです。

結論
住宅購入時に生命保険の見直しをするべきだ

住宅購入時の予算は、住宅メーカーが決めてくれる

住宅メーカーは、借入れ可能金額目いっぱいで住宅ローンを組ませようとします。
そうしないと、利益があがらないからです。
ところが、ライフプランシュミレーションをしてみると、思いのほか住宅購入予算は少ないものです。例えば、職場が55歳で退職だとします。
65歳に年金がもらえるまで、住宅ローンを支払うとしましょう。
もし、退職後の収入が月10万円程度で、生活費が20万円かかるとしましょう。

毎月10万円赤字であるだけでなく、更に住宅ローンを支払っていかないといけません。
住宅ローンは75歳まで組むことができますので、老後の生活まで考えて住宅購入予算を決めないといけません。
当社では、ライフプランシュミレーションで安全な住宅購入予算を決めるのに力を入れています。

結論
住宅購入予算はライフプランシュミレーションをしてから決めるべきだ。

青森不動産ナビでは、青森市を中心に土地だけではなく新築、中古住宅などの戸建て、一軒家最新の不動産情報を掲載しています。 一般限定の不動産情報に加えて、会員登録いただく事でよりお得な情報をご覧になれます。 会員登録いただき、ご希望条件をご登録いただく事で、最新の不動産情報の配信サービスも行っております。
また、青森市、平内町、蓮田村のエリアによる検索や価格による検索など検索機能も充実しており、さらに青森市内の不動産の相場を成約価格や取引事例を元にご覧になることもでき、役立つ情報が満載の不動産サイトです。
また、住宅ローンのセミナーも開催しており、ご予約頂ければ年収300万円からの住宅ローンの組み方や、お得なローンの借り方などをお伝えいたします。
他にも完成現場見学会なども開催しており、お家探し、土地探し、お家に関することなら何でもお気軽にご相談ください。

気になる情報がある方は、ホームページからだけではなくお電話からのお問い合わせもございますので、お気軽にお問い合わせください。


ページの先頭へ

対象エリア | 蓮田村 | 青森市 | 平内町 |

(C)Copyrights All Rights Reserved, 成都地所.